既製キッチンを造作カウンターで包む

規格タイプのシステムキッチンを造作カウンターでくるんだ事例です。

左側壁面収納の扉と同じ素材を使い、造作家具としてカウンターをデザインしています。流し台の形状や素材に関わりなくダイニング側のデザインがコントロールできる方法です。
カウンターの背景をスッキリ見せるために、キッチン背面のキャビネットは壁面収納として壁に合わせた白い扉素材を使っています。